×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このサイトについて

1. どんなサイト?

主に国語学についての話題・情報を提供します。元は漢楚激突というサイトの一部分だったものを分離・独立しました。題名にある「童蒙」は、童蒙に向けて記したという意味ではなく、自分が童蒙であるという意味です。

スタイルシートは亀井健太郎氏の果てスタイル第六弾を利用させていただいています。

2. 作者

2.1. 自己紹介

作者は中村明裕(なかむら・あきひろ)です。1988(昭和63)年、長野県諏訪郡に生れました。男性です。

国学院大学大学院博士課程前期2年。専門は国語学です。社会的性差(ジェンダー)と日本語の関わりや、日本語のアクセント、長野県の方言などを中心に、狭く浅くつまみ食いしています。最近の趣味はソマリ語です。

作者近影
中村明裕

2.2. 連絡先

2.3. 略歴

1988(昭和63)年
7月、長野県諏訪郡下諏訪町に生れる。
2007(平成19)年
3月、私立信濃むつみ高等学校を卒業。
4月、国学院大学文学部日本文学科に入学。
2011(平成23)年
3月、国学院大学を卒業。卒業論文は「男性による女性語使用についての研究」。
4月、国学院大学大学院文学研究科(博士課程前期)に入学。
2013(平成25)年
3月、国学院大学大学院博士課程前期を修了。修士論文は「信州中部方言アクセントの研究」。
4月、国学院大学大学院文学研究科(博士課程後期)に入学。
2014(平成26)年
4月、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員。

2.4. 所属学会

2.5. 業績

2.5.1. 論文

2.5.2. 学会発表